女性のカンジタ

膣ガンジタ

カンジタ症(カンジダ症・ガンジタ症)は、カンジダ・アルビカンスという
カビが皮膚内や体内の粘膜で繁殖・増殖することにより発症します。

女性の膣内でいえば正常人の約10%には検出されるもので
カンジダは、膣内だけでなく、口、気管支、肺などにも寄生しているものです。
カンジダ症は真菌(カビ)が感染しておこる膣炎で、体力が低下している時や長期間抗生物質を使用していて膣内の酸性度が低下した時に発症しやすいといわれています

原因は
・カビの一種であるカンジダ菌が性的な接触により感染。
・膣や口の中に普段からいて、抵抗力が落ちたときなどにも症状が現れる。
・性交渉に限らず自然発症的に症状が現れることがあります。

男性にはほとんど自覚症状はありませんが、包茎の人の場合、包皮に炎症を起こすことがあります。

女性の場合 かゆいのが特徴。外陰部が赤く腫れ、白っぽいおりものが増えます。炎症がひどくなるにつれて、ヨーグルト状ないし酒かすのようなぽろぽろしたおりものがみられる


そもそも、カンジダ菌は健康な人の体の中にもいる常在菌ですが、
妊娠でホルモンバランスが崩れた時、疲れていたり、
病気になったりして体の抵抗力が衰えていたりした時、
などでも、増殖して炎症を起こすことがあるそうです。

妊婦さんがなるのは、珍しくないみたいです。

もっと悪化すれば、大陰部の皮膚全体が硬く、赤くぼってりと腫れた感じになるらしいので、
完治するまでは、きちんとお薬塗って下さいね。

尚、おりものは外陰部に付着して取りにくいので、前もって清潔にしてから軟膏などを使いましょう。

カンジタ症、水虫、白癬菌、乾癬などに、ティーツリーオイルの抗真菌ジェルで快適!

ティーツリー・アンチファンガル抗真菌ジェル

ティーツリー・アンチファンガル抗真菌ジェル【オージービーズ・ナチュラルストア】
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。